Cooperative Intelligence - ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン

Cooperative Intelligence

研究領域

Cooperative Intelligence(協調知能)とは、
人が生活する社会に組み込まれた人のための人工知能

Cooperative Intelligence

Cooperative Intelligenceとは、複雑な環境下でも、限られた資源を最適に使い、他者と協調しながら目標を達成するという、協調や協力に重点を置いた人工知能です。

機能重視の人工知能に対し、 Cooperative Intelligenceにおいて重視するのは、人と知能システムがインタラクション(互いに作用・影響を与える)する際に必要な信頼関係の構築です。たとえば、知能システムの機能性や堅牢性に限界があり、何か対処しなければならないときや、新しい機能を教示するとき、人と知能システムの間でインタラクションを持つことは、双方にとって役に立つことです。
また、知能システムがタスクを自律的に実行できる場合でも、人と知能システムが互いに協力するというインタラクションが望ましい場面もあるでしょう。

より良い協調・協力を行うためには互いを信用し、信頼することが望まれます。その為には、人と知能システムは互いの状態や意図を理解し合う必要があるでしょう。

自律だけでなく協調・協力することで、次のようなことが期待できると考えています。

Cooperative Intelligence により、人は知能システムとの間に信頼関係を構築することができ、
お互いの能力を高め、経験の共有ができ、社会における活躍の場を増やすことができるようになる

  • Enhancing

    人の能力・機能を維持・拡張できる

  • Sharing

    経験を共有し相互理解や関係が深まる

  • Mattering

    人が自信をもって社会に参加・貢献できる

  • Cooperative DrivingCooperative Driving
  • Cooperative CreativityCooperative Creativity
  • Cooperative WorkshopCooperative Workshop
  • Cooperative SupportCooperative Support