Cooperative Devices - ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン

Cooperative Devices

研究領域

Cooperative DevicesはHRIが目指す
Intelligent Cyber Physical Systems (ICPS) において、
周囲の人を含む社会との調和を実現しつつ、個人の思いに応え、
能力を高め、生活を守るために必要なインターフェースです。

Cooperative Device

Cooperative Devicesは、人と周辺環境の情報を収集し、収集した情報から個人の身体的、精神的な状態を推定し、プライバシーを守りつつ個人の状態を他と共有することで、他と個人の両方に最適な作用を導き出し提供します。

常に人の状態を推定するために、人に対する親和性が高く、存在を感じさせず、自立したエネルギー源を持ち、相互コミュニケーション可能なデバイスの実現に向けた研究を進めています。

Cooperative Devicesを通して、いついかなる状況、状態においても、
人々の日々の生活の向上を実現していきます。

Cooperative Devicesを通して、いついかなる状況、状態においても、人々の日々の生活の向上を実現していきます。