HRI-JPホーム > 研究活動 > 論文検索 > 部分共有アーキテクチャを用いた深層学習ベースの音源同定の検討

研究活動

論文検索

Advanced Search

November 2016

部分共有アーキテクチャを用いた深層学習ベースの音源同定の検討

  • 森戸隆之, 杉山治, 小島諒介, 中臺一博,
  • in 人工知能学会 第46回 AI-Challenge 研究会,
  • 人工知能学会,
  • 2016,
  • pp. 12-17,
  • Conference paper

災害地における要救助者の捜索を音源同定で実現するために,Partially Shared Deep Neu-ral Network (PS-DNN) およびこの拡張版であるPartially Shared Convolutional Neural Net-work (PS-CNN) を提案し,これで音源同定器を学習する手法を提案する.通常の深層学習には大量のデータにラベルを付与する作業が必要であるが,提案手法は音源同定器の学習にラベルが付与されていないデータを有効に利用することで,ラベルが付与されたデータのみで学習した場合と比べて高い同定精度が得られることを検証した.

Search by Other Conditions

Keywords
Entry type
Years
to
Authors
Language
Refereed