人材募集詳細(FR) - ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン

人材募集詳細(FR)

Frontier Robotics領域

研究・業務内容

・人とロボットのフィジカル・インタラクションに関わる研究・開発

・新たなハプティクス・インターフェースやテレ・オペレーション技術の研究・開発

・ロボットの全身動作や動作学習技術の研究・開発

・コンピュータ・ビジョンや接触推定などの技術を物体の形状・姿勢推定に応用

・様々な実験用ロボットのプラットフォーム上で、上記研究のためのソフトの開発・実装

・上記テーマについて大学との共同研究プロジェクト推進

職種および資格

リサーチャー(上記研究を主導または従事)

・コンピュータサイエンス、ロボティクス、もしくは関連する領域で博士課程を取得していること.

・ロボットの運動制御、動作プランニング、動作学習、テレ・オペレーション、ハプティクス・インターフェースのいずれかの分野で専門性を持つこと

・マルチモーダル・パーセプションやコンピュータ・ビジョンに精通していること.

・ROS, C++, Pythonを使って実環境でのロボットの実務経験があること

・Python, C++の高いプログラミングスキルを持つこと

・国際会議やジャーナルなどでの業績があること.

・アカデミック・パートナーと働くコミュニケーションスキルと能力があること.

・英語での円滑なコミュニケーションが取れること

エンジニア(ソフトウエア)

・コンピュータサイエンス、ロボティクス、もしくは関連する領域の修士もしくは学士

・GCC, CMake, Git, Docker.などのソフトウエア開発ツールに精通していること

・ROS, C++, Pythonを使って実環境でのロボットの実務経験があること

エンジニア(ハードウエア)

・メカニカル・エンジニアリングもしくは関連する領域の修士もしくは学士

・機構設計の経験があること(例えばロボットのリンク機構)

・3D-CADまたはCAEツールの経験があること

・技術資料、レポート、報告資料などの作成能力、コミュニケーションスキルが高いこと

エンジニア(電装)

・エレクトリカル・エンジニアリングもしくは関連する領域の修士もしくは学士

・組み込みシステム、デジタル・アナログ回路、ファームウエア(C, C++)、ロジック(Verilog)、ネットワークに関する知識

加えて、エンジニアには当該領域での3年以上の実務経験と、協力メーカとのコミュニケーションができる日本語力が必要(JLPT, level N3以上が望ましい)。

また、リサーチャー、エンジニア問わず、機能横断型かつ国際的なチームで働くことができることが必要となります。